【初心者必見】ハイローオーストラリアが金融庁から警告⁉

今回は、金融庁から警告って何だろう?と疑問に思った人のために、
ハイローオーストラリアの規制や違法性について詳しく解説していこうと思います。

さらに、ハイローオーストラリアを行う上で、注意すべきことなども説明しているので
是非、参考にしてみてください!

ハイローオーストラリアの規制と違法性

ハイローオーストラリアの規制と違法性

ハイローオーストラリアは日本の金融庁に登録していないで運営を行っている海外バイナリーオプションのことをいいます。
金融庁に登録していない業者と聞いて「危険じゃない?」と思う人もそう少なくはないと思います。ですが、登録していないのには理由があります。

まず、利用者にとって大事なのは、危険を知りつつもそれをコントロールができるかどうかの確認ではないでしょうか。もちろん車は便利ですが危険も伴います。危険性を十分に理解した上に、自分なら安全を心がけられるとと思うからこそ、利用できる乗り物なのです。

今回は、ハイローオーストラリアが金融庁に登録していない理由と、警告されていてもそれが安全なのかということを解説していきます。
稼げれるチャンスをここで簡単に逃してしまうのはもったいないです!

ハイローオーストラリアは日本の金融庁に登録してない

日本の金融庁の役割は、金融機関の監督や金融にまつわるシステムのチェックをして、金融業務の改正規定、法改正の提案なども担っています。

ハイローオーストラリアは、2010年の設立から3回にわたり会社名と所在地の変更を行っているため、何度か金融庁から警告を受けています。

現在日本居住者向けのサービスを提供している「HLMILLC」は、まだ警告を受けていないのです。

金融庁もすぐに警告を出せるわけではなさそうです。2019年に設立して「HLMI Ltd」への警告も、半年ほど時間がかかっているようなので、「HLMI LLC」が警告を受けるのは時間の問題だと思います。
ただ、ハイローオーストラリアには登録を受けられない理由がきちんとあります。

なぜ金融庁に登録していないのか

金融庁に登録していないのは、ハイローオーストラリアだけではないです。
FXも含め、ほぼすべての海外業者が登録せずに運営を行っています。

日本に本社も構えながらバイナリーオプションを提供している国内企業では、金融庁から許可を得て運営を行っている業者がほとんどです。

では、なぜハイローオーストラリアは国内業者のように金融庁から許可を得て、サービスを行わないのでしょうか。
その理由としては、ハイローオーストラリアの魅力である超短期取引などに制限を受けてしまうためです。
日本の金融庁は、許可をするために「制限」というルールを作り上げています。

次は、どのような制限を作り上げているのかをきちんと確認していきましょう。

金融庁の規制について

金融庁の規制について

金融庁の規制は2013年12月1日から運用がスタートされました。
公的機関から発表される内容を理解するのには少し難しいので、簡単に説明していきます。

すべての規制内容をもし遵守すれば、現在のハイローオーストラリアのサービス内容を行うこはできません。

適切性と健全性の確保について

バイナリーオプションによって、借金を増やし法的な救剤手段を利用する人が増加し、健全性が高いとは言えない状況になりました。
破産者を増加させにないためにも、以下の点に気を付けてサービスの提供をしなければなりません。

  • 短時間で結果がわかることによって、投機的な取引を過度に助長をしてはいけない。
  • 利用者が取引のリスクを把握し判断ができるように、エントリーを始める前に金額の決定と提示する。
  • 運営側だけが有利になる取引条件を排除する。
  • 公正な方法で払戻して金額を計算する。

バイナリーオプションを安全な金融商品にするためには、ギャンブル性を止める必要があります。

金融庁が示す、適切性と健全性の確保が遵守されていなければ許可はされないです。

利用者の知識の確認

バイナリーオプションを始める人に、為替に関する投資の地租気がどれだけあるかを確認しなければなりません。
知識があまりない場合には、口座の開設に拒まなければなりません。
また、知識量に応じて取引限度額を設定するなどの対策が必要となります。

先ほどと同様に、初心者がバイナリーオプションをギャンブルにしないための内容とも言えます。
許可をもらうためには、ある程度の知識をもっていない人の口座開設も断る必要もあります。
もちろん利用者側の基準に達すれば、口座開設に進むことができます。

過度な広告はNG

利用者が、バイナリーオプションに過度な期待を持つような広告や宣言をしないように気を付けてください。

リスクの把握を正確にすることができ、投資の判断が適切にできるように、業者は十分な説明と情報提供を行うことが必要となっていきます。
「バイナリーオプションは絶対に稼げる」といった、誤った宣言を業者自身がするのはやめてください。

「国内業者が過度な宣言をしているのを実際に見たことがある」という人もいると思いますが、おそらくそれは業者の公式サイトではないと思います。

ちなみに、過度な広告をするのはアフェリエイターなどの仕事です。

設定根拠の十分な説明が必ず必要

利用者が投資判断を合理的にできるだけの設定根拠を、業者側は事前に説明しておかないといけないのです。
取引価格やエントリー時の価格、判定価格の説明をする必要があります。

取引停止の発生がある業者は、その旨や理由をきちんと公表しておくことが大事になります。
業者側の一方的な解約は公平性にも欠けるので、決して行ってはいけません。

また、設定内容に関しては、第三者によってモニタリングを行い、適切性の確保が必要となっています。

運営側が守らなければいけないルールのまとめ

今までの内容から、バイナリーオプション業者が金融庁から許可を得るためには、主に次のルールを満たすさないといけません。

  • 権利行使価格(売買できる価格のこと)は、判定時刻の2時間前に固定をしておく
  • 1営業日の取引上限回数は最大で12回までとする
  • 総取りのレート幅を設けるのはNG
  • 売りと買いの価格を両方提示する「2WAY」を採用すること

ハイローオーストラリアは上記の内容を遵守していないため、金融庁の許可を受けるための条件に満たしていないということになります。
なので、ハイローオーストラリアの魅力を言いするためにも、許可を受けずに運営を行っているのです。

警告されても安全なの?

警告されても安全なの?

警告されていても安全かどうかは、はっきりと判断し難いです。

違法性について

もし無登録で営業した業者には、罰則が設けられます。
しかし、無登録業者を利用した人には罰則は見られないので、口座を開設したからといって違法性を問われることはないのでそこは安心してください。

ただ、「日本で暮らしている以上、違法業者とは取引したくはない」という人は、ハイローオーストラリアとの取引は避けるしか方法はありません。

不安材料

ハイローオーストラリアで取引をする際の不安材料は以下のとおりになります。

  • ハイローオーストラリアの経営が破錠したら、口座に預けている資金が返金されない可能性が非常に高くなる。
  • 海外業者なので、万が一の事態が起きても手を出すことはできない。
  • 登録していない業者を利用しているためもしトラブルが発生しても公的機関に頼ることはできない

今現在のハイローオーストラリアは、保険の加入や信託保全を採用していないため、資金の安全性はそれほどは高くはない状況です。

ハイローオーストラリアで口座を開設する際は、それらの不安材料をきちんと把握しておくことが大切です。

安産性を高める対策が必要になる

国が許可していない以上、安全性の確保は自分自身でするしか方法はありません。

ハイローオーストラリアは、日本に住む人に10年以上にわたりサービスを提供してきた実績があり、不安材料がありますが、安心感を得られる内容もハイローオーストラリアはもっている業者です。

利用者が、リスクをできるだけ低くすることを常に把握しておけば、利益は十分に得ることができます。

  • 絶対にギャンブルをしないようにする
  • 定期的に出金依頼をし、利益を確保する
  • サービス内容が低下したと感じたら、取引をすぐに止め金額出金依頼をする

金融庁の許可を得ていない業者を利用することで罰則を受けることはなく、安全に対する対策を講じておくと、ハイローオーストラリアを利用して稼ぐことは可能です。

まとめ

  • 金融庁に無登録なのはハイローオーストラリアだけではなく、海外業者のほおとんどが登録を行っていない
  • 運営側が守らなければいけないルールがある
  • 絶対にギャンブルをしないように注意する
  • 警告されていても安全だとははっきり判断できない